無職でも銀行でお金を借りることができる

無職でも銀行でお金を借りることができる

銀行で借りることができました(女性/30代)

私は専業主婦をしていますが、主婦ほど急にお金が必要になるものです。

 

夫が仲間と飲んでお金が足りなくなったと言うかと思えば、
子供は学校の社会見学の費用がいると言ったり、毎月計画にない出費ばかりです。

 

無職の専業主婦では、消費者金融からお金を借りることはできません。
借りれる所もあるらしいですが、大手は軒並みお断りしているといいます。

 

しかし銀行なら総量規制もありませんから、主婦でお金を借りることができます
配偶者に安定した収入があれば、どこでもだいたいお金を貸してくれます。

 

お金を借りるには配偶者の同意が必要なところもありますが、
私が借りている銀行は収入を証明するものがあれば大丈夫でした。

 

専業主婦の場合、家族に内緒で借りられることが大切です。
専業主婦ですから、やはりしっかり家計をやりくりしてくれていると思われたいです。

 

やりくりできずに銀行から借りていると思われたくありませんから、
内緒で借りられなければ困ります。

 

お金が急に必要な時は銀行のローンカードを使って、
ATMから引き出せばいいだけなのですから楽なものです。

 

無職だから借りられないと思っている方は、一度申込んでみることをおすすめします。
無職でも専業主婦と学生は借りられる確率が高いですからきっと大丈夫です。

 

無職でも銀行からお金を借りることが出来るの?

原則的には無職は銀行から借り入れできない

消費者金融の場合は、最低限の金額に限り無職でもお金を借りることが出来る場合がありますが、
大手銀行をはじめとして、銀行では基本的には認められないことが多いです。

 

銀行側では継続して収入があると認められる人にしかお金を貸すことはできません。

 

ですから、働いているとしても日雇い労働者など収入が不安定な場合は、
借り入れを認めずに断る場合がほとんどです。

 

銀行に借り入れを申し込む時は審査に受からなければいけません。

 

働いていたとしても収入が不安定である、または無職の方は銀行の借り入れを申し込んでも、
返済が不可能だとみなされて断られることがほとんどです。

 

無職でもお金の借り入れができる例外がある

無職ならば全員が銀行からお金を借り入れできないというわけではなく、
実はいくつかの例外があります。

 

その1つが専業主婦です。

 

専業主婦の場合は個人的には収入がないためにお金を借りることができないのですが、
配偶者に収入があった場合は借り入れが認められるのです。

 

もちろん、金額の上限については定職についている人が借り入れを申し込む場合よりも低くはなりますが、
それでも専業主婦の場合は配偶者に安定した収入があるとみなされればお金の借り入れは可能です。

 

もう一つの例外が年金受給者です。
年金受給者の場合は現在働いてはいないのですが、定期的に年金を受給しています。

 

ですから、80歳以下の年金受給者であれば銀行から借り入れをすることは可能です。

 

専業主婦は消費者金融より銀行のほうが借り入れ可能?

消費者金融は銀行よりもローンの審査が甘いから審査に通りやすいと思っている方もいますが、
専業主婦の場合は消費者金融より銀行のほうが審査に通る可能性が高いです。

 

消費者金融の場合は総量規制という法律に従って貸付を行っています。

 

総量規制とは、収入の3分の1以上の金額は借入の申し込みができないため、
自分に収入がない専業主婦の場合はローンの申し込みが通らないのです。

 

専業主婦の場合は、夫が定職についていて安定した収入が得られているのであれば、
貸しつけてくれる銀行系のカードローンがあります。

 

少額であれば配偶者に特に相談をしなくても貸し付けしてもらえる場合もあります。
専業主婦でお金が必要となった場合は、消費者金融よりも銀行系のカードローンに申し込んでみましょう。

 

専業主婦でも借り入れが可能なのか、
または借り入れができたとして限度額がいくらなのかは各銀行によって異なります。

 

申し込んで審査に通らなかったら必要な額を借りることができませんから、
事前に銀行に借り入れできる条件について確認してから申し込みましょう。