銀行と消費者金融、ローンの審査の早さ

銀行と消費者金融、ローンの審査の早さ

どうしても10万円が必要で利用しました(女性/30代)

友人と行くことになっていたイギリス旅行を楽しみにしていました。

 

ところが、うっかり旅費の支払期限を忘れてしまっていて、
どうしてもすぐに10万円が必要ということがありました。

 

審査の早さなら消費者金融だと思ったのですが、
消費者金融で借りたと言ったら主人がどんな顔をするだろうと思うと申込めません。

 

3日ほど猶予があったため、ダメ元で銀行のローンに申込みました。
銀行がダメなら即日で融資を受けられる消費者金融を利用するつもりでした。

 

審査に時間がかかることを覚悟していたのですが、申込みをしたその日のうちに本人確認があり、
次の日には指定の口座に10万円を振り込んでもらうことができました。

 

銀行のローンというと審査に多少の時間がかかるというイメージがありましたが、
今はこんなに審査が早くなっているのかとビックリしました。

 

返済が楽になるため、その銀行口座も同時に申込みをしました。

 

3日ほどでキャッシュカードが届き、
その翌日にはすべてのサービスを利用することができるようになりました。

 

返済もその口座にお金を振り込めば良いだけなのでとても便利です。

 

おかげで旅費の支払いにも間に合い、思ったより金利も低く支払いも便利なので、
銀行のローンに申込んで本当に良かったです。

 

ローンを利用する前に把握しておきたい銀行と消費者金融の審査

銀行と消費者金融のローンの違い

銀行と消費者金融はどちらも個人向けのローンを提供しています。

 

利用者としてはどちらを利用しようか迷うところですが、
申込む前に一番気になるのは審査なのではないでしょうか。

 

どんなに金利や貸し付けてもらえる限度額上限、サービスなどを比較したとしても、
審査に通らなければ利用することはできません。

 

この両者では、どのような差があるのでしょうか。

 

そして、自分は利用できるのだろうかとお悩みの方は、
一度じっくりとローンに申込むとどのようなことが調べられるのか考えてみる必要があります。

 

審査が早い消費者金融と総量規制対象外の銀行

一般的に消費者金融は審査が早いと思われていますが、本当にそうなのでしょうか。

 

現在では、同じ保証会社を利用しているところが多くなっているため、
審査のスピードにあまり開きがなくなりつつあります。

 

銀行でも申込んだその日のうちに融資を受けることが可能なところが増えていて、
以前よりずっと利用しやすくなっています。

 

また、総量規制の対象外であることも注目したい点です。
他社から年収の3分の1以上の借入がある場合、消費者金融でそれ以上借りることはできません。

 

年収の3分の1以上の借入がある方は、申込んでも無駄ということになります。
銀行は総量規制の対象外ですから、借入金額に関係なく申込むことができます。

 

そして、個人向けのサービスを充実させているところが多くなり、
融資に積極的なところが多くなっていることも注目です。

 

注意したい保証会社との関係

近年個人向け融資に積極になっている銀行ですが、
ローンを利用したい時に注意したいことがあります。

 

消費者金融と同じ保証会社を利用しているところが多くなっています。

 

消費者金融で断られた後に同じ保証会社を利用しているところに申込むと、
落とされる可能性が非常に高くなります。

 

時には、即座に断られることもあるので注意しましょう。
近年スピードやサービスが向上しているのは、同じ保証会社を使用しているからです。

 

同じ保証会社を使用することでスピードアップやサービス向上が実現できたわけですが、
それで落とされたとしたら申込者としては意味がありません。

 

どこがどの保証会社を利用しているのか、申込む前によく確認しておきましょう。
ホームページなどで調べてみれば、どの保証会社を利用しているか確認することは難しくありません。

 

以前申込んで断られたところがあったなら、
断られたところと同じ保証会社を利用している銀行に申込まないことです。

 

そうすることで、門前払いを食わずに済みます。

 

それに、違う保証会社を利用しているところに申込むことで、
一から新たに審査を行ってもらえるためチャンスが増えます。

 

一度断られたとしても、保証会社の違うところで再チャレンジができます。