おまとめローンを利用するタイミング

おまとめローンの優れた点は、複数にまたがっている支払い先を一本化できることで、返済の管理をしやすくなることです。

例えば、返済日はローン会社によって違いが生じるのが一般的ですが、その返済日にお金を用意しなければならない手間が生じます。

またローン会社によって利息の違いもあり、利息が高いケースもあるので、おまとめすることで利息を抑制し、返済額も減額される可能性も生じるのです。

もちろん、利用するタイミングはおまとめ化することで、利用者がメリットを感じたときに他ならないことですが、やはり借り入れ先があることが必要となります。

ただローン会社も無条件でおまとめで貸してくれることはまずなく、やはり厳正な審査を受ける必要があります。

審査には信用情報機関の照会を行なうのが一般的でもあるので、過去に滞納した事実などがあると審査にも通らないです。

おまとめローンの限度額は、通常のローンよりも高く設定されることで当然、審査も厳しい特長があります。

ただ一方では、おまとめローンのサービスは金融機関にとっても顧客を確保する上でも重要な商品です。

実際に利用されれば長期利用されるので、その分、収益も期待できるので、優良な顧客に対しては積極的に融資を検討するのも実態としてあります。

そのため、信用情報機関に照会しても目立った金融事故がなく、また現在、組んでいるローンの金利も高い状態で利用者がメリットがあるなら応じてくれることも多いです。

ただ複数のローンを組んでからそれぞれも最低でも1年以上の期間を経ていることなどが条件となり、支払い続けた実績のあることがキーとされます。

おまとめローンで失敗しないために

おまとめローンを利用する前に、浪費グセは必ず直しておきましょう。

必要なときにお金を借りるのは悪くはありませんが、欲しいものにお金を使うのは得策とは言えません。

欲しいものは次々と出てくるので、どんなに購入してもキリがないからです。

ときには欲しいものを我慢して、必要なときだけお金を借りるようにしましょう。

一部のお金持ちを除いて、ほとんどの方は欲しいものをすべて購入しているわけではありません。

原則として欲しいものは、収入の範囲で購入する必要があります。

おまとめローンで一本化しても、追加で何度も借入していれば借入残高は増えてしまいます。

低金利ローンでまとめることで利息は減りますが、沢山借りれば再び利息は増えるのです。

利息を減らす王道パターンは、コツコツと返済して元金を減らすだけです。

それ以外に利息を減らす方法はないため、ローンの一本化のあとは追加融資を受けないようにしましょう。

ローンの一本化を検討する方なら、お金は借りるのは簡単だけど、返すには大変な労力を必要とすることを実感できているはずです。

おまとめローンを利用する前に、低金利の金融機関を探しておきましょう。

それから電話や窓口で交渉して、一本化して返済の負担を軽減したい旨を説明してください。

利用用途が明確であれば、融資してくれる可能性が高いのです。

融資をしても貸したお金で欲しいものを購入する可能性があると業者が判断すれば、貸してはくれないでしょう。

借入前の交渉では、返済計画を立てて業者に伝えておく必要があります。