おまとめローンのメリットと注意点

CMなどでもお馴染みのおまとめローンは、多重債務に苦しんでいる人を救うものです。

これはどんなものでしょうか。

一言で言うと、銀行や消費者金融が行っているもので、複数の金融業者からの借金を、借り換えによって一本化するというものです。

このおまとめローンのメリットは思う以上にたくさんあります。

先ず、金利がとても安くなったというケースも多いです。

特に消費者金融から借り入れをしている場合、金利はまず下がるでしょう。

借り入れ先が1つにまとまるわけですから、毎月の返済の管理がとても楽になります。

また、金融機関によって条件は異なります。

このために、その金融機関には自分にとってのメリットはないけれど、別の金融機関には自分にとってのメリットがあるということもあるでしょう。

一方、注意点もあります。

例えば不動産などの担保や保証人を求められることがあります。

もちろん担保も保証人も不要とうたっている金融機関も多いです。

おまとめローンの審査については厳しめです。

借り入れしている件数や総額が多額だったりして、審査に通らなかったという人もいます。

また、一定の年収がなければ、申し込むこともできないという金融機関もあります。

それから、多重申し込みをしている人も審査に通りにくいです。

多重申し込みは短期間のうちに複数の金融機関に申し込んでしまうことです。

1ヶ月に3社以上も申し込んだ場合などは、審査に落ちることが多いでしょう。

銀行系キャッシングローンをランキング比較※低金利で借りれる

おまとめローンで毎月の負担を減らしたい

消費者金融や信販会社のキャッシングは、最短で即日融資が受けられるので、急いでお金を用意したい時は便利なサービスです。

利便性の高さから、複数の金融機関に借り入れをしてしまい、お金の管理をするのが難しくなってしまった人が増えています。

複数の金融機関を利用していると、返済日や金利も違うので、うっかりと遅延をさせてしまったり、現在の債務の総額がいくらあるのか把握しにくくなってしまいます。

遅延延滞金が必要になり、債務が増えてしまう場合があります。

複数の債務を持たれている人は、金融機関の信用がないため、新たに融資を受けるのは難しくなります。

毎月の負担を減らしたいという人は、おまとめローンの審査を受けてみると良いでしょう。

おまとめローンは、複数の債務を一社にまとめてしまうことで、債務者の負担を減らせるのが特徴です。

銀行や消費者金融で取り扱っていますが、利用するためには一定の審査基準を満たしている必要があります。

なるべく低金利で利用したい場合は、銀行がお勧めしたいです。

おまとめローンは、債務をひとつにまとめることで、返済日が同じになりますし、低金利で利用できるので、毎月の返済額を減らせるようになります。

複数の債務を持たれている人は、生活費が足りなくなるなどのやむをえない事情があるケースもありますが、浪費ぐせのある人も少なくありません。

借金問題で悩んでいる人は、買いたいものを我慢して浪費ぐせを改めましょう。

低金利カードローン特集※銀行系からお金を借りるのがおすすめ

おまとめローンはいったいどんなものか

よく見聞きするようになったおまとめローンは、複数の金融機関のローンを1つにまとめることです。

その魅力は想像よりも多いでしょう。

先ず不動産などの担保を用意する必要も、保証人になってくれる人を探す必要もありません。

毎月、複数の金融機関でローンを返済するという手間もなくなります。

おまとめローンができるかどうかは、金融機関しだいです。

フリーターや専業主婦など安定した収入がない人でも審査に通ることもあります。

安定した収入がなくても審査に通ることもあります。

その金融機関では審査に落ちても、別の金融機関では審査に通るということもあるでしょう。

また、審査に落ちたからといって、嫌な思いをするようなことはありません。

審査の結果をどれくらいで知ることができるかについては、金融機関によります。

申し込んだその日に、そのホームページで審査の結果を公表する金融機関もあります。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関に関しては、銀行や消費者金融業者などです。

銀行の特徴は金利が安いです。

金利が下がったという利用者の声が多いです。

消費者金融業者の特徴は審査に通りやすいです。

消費者金融業者に対して、ブラックなイメージがある人も多いでしょう。

ですが、最近はブラックな所はほとんどありません。

金融機関での申し込みの仕方に関しては、シンプルです。

スムーズに申し込みの手続きは終わります。

また、オペレーターの対応もすごく丁寧です。

ビジネスローン・事業者ローンをランキング比較※事業資金の借入なら